ホーム

更年期症状に悩む女性の皆さまへ

「40歳からの悩める女性に朗報です。」

40歳を過ぎてから、なんだか身体や気分が重い…と感じてはいませんか?40歳以降の女性にとって深刻なのが、

心身の揺らぎ。

家庭や職場などで、このような症状はないでしょうか。

「ちょっとした事でイライラする…」

「身体がほてって汗をかくようになった…」

「気分が沈んで落ち込みやすくなった…」

「疲れているのに、なかなか寝付く事ができない、眠りが浅い…」

 など、20代~30代ではあまり感じなかった心と身体の変化に気づいている方も少なくないはず。

特に45歳~55歳の方は閉経の時期が重なり、多くの更年期症状に悩まされる期間でもあります。

 「もう歳だし、身体の衰えは当たり前…」

「若い時のようにはいかない…」

「改善しようとなると、かなりの費用がかかるのでは…?」

 などと思っていらっしゃる方も中にはいらっしゃるかと思います。

たしかに、更年期症状は年齢と共に減少していく「女性ホルモン」の影響が大きく関わっています。

女性ホルモンは30代をピークに減っていき、やはり減少の進行を止めることは難しい事かと思います。

しかし、「女性ホルモン」と似たような働きをする「エクオール」を摂取することで

ぐっと、更年期の症状を抑える効果が期待できるのです!

女性ホルモンと似た働きをする事で有名な「大豆イソフラボン」についてはご存知の方も多いはず。

しかし、この「イソフラボン」よりも女性の強い味方となってくれる

エクオール”が医学的にも効果があるとの事。それってなに?とまだご存知ではない方も

既にご存知という方にも、より知識を深めていただける情報をご紹介していきます。

しかし、食べ物から栄養補給をするように、摂取すればそれでOKなんて、そんなうまい話では残念ながらないのです…。

従来の考え方で、ただイソフラボンが入っている食品や大豆製品を毎日摂取すれば健康になるという事ではなく、

この摂取した、大豆イソフラボンを体内でエクオールに変化してくれる「腸内細菌」を持っているかどうかに左右されるのです。

健康と美容の近道を手に入れるには、ただ取ればいいという考え方から、

「自分の体内で作る」という考え方の方が正しいかもしれません。

しかし、この「腸内細菌」を持っていない人は一生、作れない道を歩む事になるのでしょうか…。

そんなお悩みにこれからお答えしていきます!

更年期を迎える、もしくは迎えた40代以降の女性のみなさんは、もちろん。

まだ、これからという女性の皆さまにもぜひ読んで頂きたい

 『40歳からの美容に新提案!エクオール研究所』

明日からの毎日が輝かしいものになりますよう、みなさんのお手伝いができましたら幸いです。

 

そもそも、エクオールとは身体の中で作られる成分?

作るカギは腸内フローラ

最近、テレビや雑誌、インターネットなどで話題の成分「エクオール」。その効果は女性の美容や健康はもちろん、更年期障害の症状にも効果があります。では、実際にエクオールが作られるメカニズムを説明していきます。

まず「エクオール」を作るのに必要なのは「大豆イソフラボン」という成分。これは大豆食品などを摂取し、腸内に取り込みます。特に最近話題になった腸内フローラと呼ばれるヒトの大腸には様々な腸内細菌が棲んでおり、その1つに大豆イソフラボン(ダイゼイン)を「エクオール」に変換してくれる「エクオール産生菌」と呼ばれる「ラクトコッカス20-92」が見つかり、これが大豆イソフラボンを「エクオール」に変換してくれる重要な役割を持つことが分かりました。

 

しかし、注意してもらいたいことがあります。それはこの、エクオール産生菌「ラクトコッカス20-92」は、誰しもが腸内に持っているというわけではないのです。もしも、腸内に無い場合は大豆イソフラボンは「エクオール」に変換されずに、大豆イソフラボンのまま体内に吸収されてしまうことになります。

 

 

 

エクオールの効果

「大豆イソフラボン」ではなく「エクオール」

更年期を迎えた女性の健康と美容はもちろん、更年期障害にも影響をおよぼす「エストロゲン」。

一昔前に「女性ホルモンには大豆イソフラボンが良い」とテレビで話題になりましたが、近年の研究により「女性ホルモンに良いのは大豆イソフラボンではない」という研究結果が出ました。

実は大豆イソフラボンを摂取した後で、体内で変化した「エクオール」という成分が女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをし美容と健康、更年期障害にも効果を発揮するというのです。

 

 

◆日本テレビ「世界一受けたい授業」◆

2015年5月2日の放送でも取り上げられた「エクオール」

 

 

「エクオール」の効果の理由

しきりに「更年期障害にはエクオール」といってもそう、なかなか信じられません。

なぜ「エクオール」が美容と健康や更年期障害の症状に効果があるのか、

その理由は、女性ホルモン「エストロゲン」と「エクオール」の構造が似ているところにあります。

年齢を重ねて失われていく女性ホルモン「エストロゲン」と似ているため、体内で女性ホルモンと似た働きをしてくれるのです。

二つの構造を比較してみると、多少は違いますが全体の形は似ていることが確認できます。

 

 

 

 

「エクオール」の効果

それでは、具体的にどのような効果が期待できるのでしょうか。一般的に期待される効果を項目別に、分かりやすくまとめました。

【美容】

エクオールをつくれない閉経後5年未満の女性に集まってもらい、大豆を発酵させて作ったエクオールサプリメントを1日2回(朝食・夕食後)、12週間毎日摂取し続けると、肌機能がどう変わったかという研究です。12週間のエクオール摂取によって、目じりのシワ(面積率と一番深いシワの深さ)を測定したところ、目じりのシワの進行を抑えるという結果が報告されています。

 

【健康】

女性ホルモンは、骨からカルシウムが溶け出すのを押さえる効果があります。ですので、更年期を過ぎて女性ホルモン分泌量が低下すると、年間約2%ほど骨量が減っていきます。とくに高齢女性は骨粗しょう症や骨折に気を付ける必要があると言われているのです。大豆イソフラボンはそのエストロゲン様作用により、骨からカルシウムが溶け出すことを押さえるはたらきが知られています。

更年期以降の女性に2年間、毎日豆乳500ml(イソフラボン量で約100㎎)を飲んでもらったところ、イソフラボンを摂らないグループは骨密度が約4%低下したのに対し、イソフラボンを摂ったグループは低下しませんでした。

ただしその改善率には個人差があります。

 

【更年期障害症状】

大豆イソフラボンやエクオールは、腸から吸収されて体内で作用した後、1~2日程度で尿から排泄されます(つまり、大豆は毎日食べることが大切なのです)。

更年期の女性を対象として、尿中のイソフラボン類の排泄量と更年期症状について調べたところ、大豆そのものに含まれているイソフラボン(ダイゼインやゲニステイン)の尿中排泄量と更年期症状の重い軽いには差が見られませんでした。一方、尿中のエクオール量だけは、更年期症状の重い人の方が低いという結果になりました。これは、エクオールをつくれる人は、更年期症状が軽い人が多かったということを示しています。

この研究のほかにも、エクオールが更年期のホットフラッシュ(ほてり)や首や肩のこりを和らげるという、研究結果が報告されています。

 

日本人の2人に1人は「エクオール」を作れない!?