エクオールの摂取目安と摂取方法

「エクオール」の1日摂取目安量

更年期を迎えた女性の、女性ホルモン「エストロゲン」の減少による

更年期症状や更年期障害の改善に必要な「エクオール」の摂取目安量は1日に10mgと言われています。

さまざまな研究機関や企業が臨床試験を実施され、この10mgが目安となっているようです。

エクオール10mgを摂取した臨床試験として公開されているこちらのグラフをここでもご紹介します。

 

 

 

摂取方法その1:代表的な大豆食品の紹介

エクオールの1日の目安量10mgを摂取するのに、

一番手軽なのは食べ物から大豆イソフラボンを摂取することです(エクオールを作れない人は参考にはなりません)。

ここで身近な食材で大豆イソフラボンを多く含む食材とその摂取目安量をご紹介します。

 

 

摂取方法その2-1:エクオールサプリメント

エクオールを作れる人でも、作れない人でも、オススメの摂取方法は「エクオールサプリメント」の利用です。

作れない人はもちろんですが、作れる人でも毎日豆腐や納豆を欠かさず食べることは大変です。

実は日々の体調で大豆食品を食べても「エクオール」を腸内で産生できない日もあるようなので、

直接エクオールを体内に取り込むことができるサプリメントは、なおさらオススメです。

 

 

 

摂取方法その2-2:エクオールサプリメントを選ぶ

最近、エクオールサプリメントは薬局でもインターネットでも見かけるようになりました。

ただ、たくさんの種類が出ていて「どれが適しているのかわからない」というお声もよく聞きます。

そこで上手にサプリメントを選べる3つのポイントをご紹介いたします。

 

【ポイント1】

エクオールの配合量

このサイトでも記載していますが、更年期を迎えた女性の女性ホルモン、エストロゲンの減少による更年期症状や更年期障害の軽減に必要なエクオールの1日摂取目安量は「10mg」です。ですので、サプリメントを選ぶ基準は「エクオール10mg配合」をまずは基準にすると良いでしょう。

【ポイント2】

安全性・製造方法

サプリメントは口から体内に摂り込むもので、いわゆる毎日口にする食べ物と同じように考えましょう。医薬品ではありませんので、成分を配合しただけのものから医薬品レベルまで安全性を追求したものがあります。合成量や着色料はもちろん、原料や製造法にまできっちりと明示してあるものを選ぶことをオススメします。(表記がわからない場合は問い合わせ窓口等から電話やメールをしたほうが確かです)

【ポイント3】

販売者の実績(社会性)

最近はインターネット通販などの台頭で、大きな会社から小さな会社までが日本全国に自社商品を販売できるようになりました。エクオールサプリメントも、もちろん販売者の大小はあります。こちらでオススメしたいのは「何かあったときに、真摯に対応、または対応できるバックボーンがある企業」を選んで購入することです。

何かあったときに、大きければ大きい会社ほど「企業の社会的責任」を重んじていますので、消費者対応は安心できる事でしょう。

 

 

摂取方法その2-3:エクオールサプリメントをおすすめしている医院や先生のご紹介

(画像をクリックしてもサイトへリンクしています)

 

 

旭川皮ふ形成外科 http://bihadahime.com/report/biyoutuusinn201608.html

 

うしじまクリニック http://www.ushijima-cl.com/contents/dr/20160303.shtml

 

スキンソリューションクリニック

 

食べ物やサプリ以外の摂取方法はあるの?(LINK)